葬儀のかたちが変わる|故人を個人一人ひとりの気持ちでお見送りする

大切な人との別れ

形の異なる儀式

儀式を行う理由

大切な家族が亡くなってしまった際に行なわれる「葬儀」は、故人の冥福を祈り、最後のお別れをする儀式として行なわれています。この儀式は、法律が規制されたことにより行なわれていると言われています。故人に布を被せ棺桶に入れ、冥福を祈った後に火葬し供養していくのが一般的な儀式です。これは日本で主流の儀式となっていますが、海外では他にも、土葬、水葬、鳥葬などが行なわれています。最近は故人を供養する施設が不足しているということもあり、どの国でも火葬や水葬が主流になりつつあります。宗教上の関係で儀式は変わりますが、時代とともに葬儀の形は変化しているのです。横浜などの人口の多い街には、このような葬儀を行う業者が数多く点在しています。横浜のような家族で暮らす住宅が集まる地域では、葬儀業者の利用率が高いです。人口が多い分、儀式を行う件数も必然的に多くなるのです。

同時に行う

最近は、大きな会場を利用する儀式が少なくなってきており、親族のみで儀式を行う家族葬が増えてきています。大きな儀式を行ない、故人と関わった全ての人に最後の別れをしてもらうという儀式も行なわれていますが、故人と最後の別れをゆっくりできないという親族の声も多くあります。そのため、家族のみで儀式を行ない故人との最後の時をゆっくり過ごすという人が増えてきているのです。以前では葬儀というのは故人の冥福を祈るものとして行なわれ、告別式で最後の別れをするという意味がありましたが、現在は同時に行なわれています。横浜のみならず、このような儀式は国内で主流になりつつあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

スタイルがある

葬儀には様々なスタイルがありますが、その準備を故人が生前に自ら行うケースが増えてきています。横浜のような人口も高齢者も多く生活する地域では、業者が多くどの希望にも対応できるようなサービスを取り扱っています。

More...

認められたスタイル

葬儀のなかには、以前法律で規制されていたことが再度認められた儀式もあります。その儀式となるのが散骨です。自然界に還すという意味で行われ、今では希望者が多いです。

More...

知っておく

葬儀といっても経験しなければどのような流れがあるのか知ることができません。生を受けると必ず死が訪れます。葬儀は誰でも経験するため、後で困ったことにならないように事前に調べておきましょう。

More...